FUNDBORAD

トップ > 基本機能

基本機能

起業家との出会い〜投資後の
パフォーマンスの
管理、報告まで、
投資家の実務に沿った機能を搭載

投資先一覧

01.投資家と出会う

出会った企業を”投資先一覧” に登録

投資先一覧画面

投資済みの企業はもちろんのこと、投資に至らなかった企業や見込み投資先もステータスで管理できます。

ステータスは「未検討」「検討中」「投資済」「売却済」「見送り」の中から選択でき、さらにオリジナルのタグを設定することで、自社独自の方法で投資先を分類することができます。

タグをつけることで、紹介ルートやITなど、様々な切り口で企業を検索できるようになるので、企業数が膨大になっても必要なタイミングで情報を取り出すことができます。

※事業会社テナントでは、関連会社、
子会社も投資ステータスとして管理が可能。

さらに詳しく
レポート

02.面談する

日々の面談の記録や共有を
”レポート” でもっと簡単に

レポート画面

面談の内容、投資委員会議事録、日報など、投資先に紐づけて登録できます。

他のメンバーとの情報共有が簡単になるのはもちろんのこと、過去レポートも迅速に参照できるため、引き継ぎ業務もスムーズに実施できます。

さらに詳しく
リクエスト

03.資料の提出依頼をする

必要なファイルの依頼や受け取りを
”リクエスト” で効率よく

レポート画面

多数の投資先から大量のファイルを受け取る必要がある際に、依頼や受け取りを効率よく実施できます。

リクエストで必要なファイルを記載し登録すると、投資先の担当者に一時URL付きのメールが送信されます。

投資先担当者が一時URLにアクセスしリクエストがあったファイルをアップするだけで、進捗確認をしながら効率よく受け取ることができます。

また、一時URLはFUNDBOARDユーザーでなくても閲覧することが可能です。

さらに詳しく
ファイル

04.ファイルを管理する

”ファイル” で各投資先ごとに
まとめて自動で格納

ファイル一覧画面

通常のクラウドストレージとしてお使いいただけるのはもちろんのこと、レポートやリクエストで受け取ったファイルも投資先ごとに1箇所にまとめて格納できます。

必要なファイルを必要なタイミングで迅速に参照することができます。

さらに詳しく
投資検討

05.投資検討をする

投資検討の進捗が”パイプライン” で一目瞭然

投資管理画面

組織全体、またはメンバー単位での投資検討の進捗管理を簡単にすることができます。

投資予定額を含めた投資総額を時系列(月単位)で可視化できます。また、各担当者の抱えている案件がどの程度進捗しているか、がひと目で把握できますので、ミーティングでお使いいただくことで進行がスムーズになります。

さらに詳しく
ポートフォリオ

06.投資後の管理をする

投資パフォーマンスを
”ポートフォリオ”で可視化

ポートフォリオ画面

各投資先の投資実績に株価、保有株数、発行済株数などを登録することにより、ファンド全体のポートフォリオを一目で確認することができます。

また、各投資先に貴社オリジナルのタグを設定することにより、ファンド別や業界別など、自由に絞り込むことが可能です。

さらに詳しく
LP報告

07.報告をする

“LP管理(報告書作成)”で報告を簡単に

lp-sample

近日リリース予定

※VCテナントのみです。